17w6d 産院を決めたことと、カルテットで自戒…

胎動は変わらず安定せずですが、動く度につい話しかけてしまいます…
すごく愛着がわく(*^^*)
そうそう、前にブログでも悩んでいた、里帰りするか、東京で出産するかですが、やっと決心がつきました!
東京の、今通っている病院で出産の予約をすることにしようかと思います。
やはり長崎での周産期医療は対応している病院が少なく、実家からも一時間以上かかってしまうので、何かあったら…というのが理由です。
今かかっている病院は総合病院で週数に制限はあるにせよNICUはあるし、近隣の更に大きな総合病院とも連携しているようなので、、
…といっても東京の病院も予約はまだしていない!
週数の区切りごとに助産師さんとの面談があって、前の面談で悩んでる旨を伝えたら、「うちは特に定員設けていないから、こっちで産むことにしたら次の面談で教えて下さい~」と言われてます。
なので、次の面談で忘れずに伝えなくては!
そして、私が観ているドラマの話を…
今期はカルテットと東京たられば娘を観ています。
昨日のカルテットでは、まきさんの旦那さんの失踪した理由が明らかになったんだけど…
うわー、分かる!というか、私もやっちゃってるよーというようなエピソードが多すぎて、私の夫は無理してないかな?と不安になりました(笑)
私が分かる!って思ったのは、結婚後、自分を偽ることなく、ありのままの自分を出しすぎていること。
付き合っていたときは、多少自分の感覚とずれていても、無意識のうちに相手に同調することが多かったように思います。
無意識といっても、きっと根底には、この人にずっと大切にされたいっていうのがあるんだと思うんだけど…
相手がおすすめするものは無理して受け入れて感想を伝えたり、好きになろうと努力したり。
デートのときに、行く場所や食べる物に無条件に喜んだり。
でも、結婚してから、我が出てきたというか…出すぎているように思うことがたくさんで。。
これは、自分のなかで、結婚によって、大切にされる状態を確保されたことによる安心感から来ているのかもなあと思います。。
ドラマでは、旦那さんが一番好きな映画を観ている途中で寝ちゃったり、新しいカフェに行こうって言ったら寒いしテレビ観てるし家にあるコーヒーでいいじゃん的に断ったり、旦那さんがおすすめする詩集を全く読まず、最終的に鍋敷きにしちゃったり(これはさすがにひどいw)
程度の差はあれ、これ、私も似たような経験がある!
夫が私にすすめてくれた「七つの習慣」、相変わらずはじめにから抜けられない笑
映画や本に関しては、私が夫におすすめしたものについても結構おざなりにされちゃうんだけど(笑)
でも、結婚前の姿が偽りだったかというと、そういうわけではないと思うのです。
相手に大切にされたい、という潜在意識から、優しくなんでもにこにこ受け入れるのも本当の私。
今の姿も本当の私。
すごくうろ覚えなんだけど、大学生の時に読んだ社会学の本に、人間ってそういうもの、って書いてあった気がする!(うろ覚え過ぎ笑)
ドラマのなかで、よく分からなかったのが、「好き」と「愛してる」の違い。。
ドラマでは、まきさんの旦那さんが、「(妻のことを)愛してるけど、好きじゃない」って言ってたんだけど、私には両者の違いがよくわからんです。
これドラマのなかで解説あったかしら?
結構流しながら観てるから見逃したかも~
流しながら観てても、昨日のエピソードは自分に響くものがあったので、きっとカルテットは自分にあってる作品なんだろうなあと思いました。
とにかく今後の展開も楽しみです♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村