38w0d 赤ちゃんはまだまだ・・・/切迫早産入院体験を振り返る その2

こんにちは。
38週に突入しました。
検診では全然まだ生まれそうにないので
なるべく動いてください、と言われました^^;
この暑さでなかなか外出する気にもならないですが、
なるべく歩いたり部屋の掃除をしたりするようにはしています。
夫が8月下旬に海外へ渡航してしまうので、
三人でいられる期間を長くするためにも早めに出てきてほしいんですが。。
さて、先日書いた切迫早産の入院体験記の続きです。
その1はこちら
今日は入院生活の中でも食事と生活リズムについて書きたいと思います。
入院中の生活はとにかく規則正しく健康的でした。
朝の6時に赤ちゃんの心音を助産師さんが確認に来るので目を覚まし、
7時半ごろ朝食、12時、18時に食事で、21時に消灯。。
21時に寝るなんてできるかい!と思っていましたが、
しばらくすると遅くても22時前にはうとうとし始めぐっすり寝ていました。
順応性・・
電話はNGだったけど、ネットやラインは禁止されてなかったので
ラインで夫とやり取りしていても、すぐ私が寝落ちしちゃってました。
食事は、米!こめ!!コメ!!!という感じで、
入院していた約三週間の中で、パンが出たのは一度だけでした。
野菜大目でかなり健康的なご飯だったと思います。
お米の量も毎食かなり多かったけど、意外と残さず食べられました。
そして、お米をあんなに食べたのに入院中全然体重が増えなかった。。
反動で退院してからパンかなり食べたなあ。
そしてすぐ太りました。
入院中一回だけ栄養士さんがベッドまで来て食事の要望を伝える機会がありました。
隣のベッドから「米がきつかったらパンにも変えられるわよ~」っていう声が聞こえてきましたが、
私はそのころ入院初期で毎日残さず食べていたので特にそのようなことは言われず。。
定期的に要望を伝える機会があるだろうと思っていたら、
栄養士さんはその一回しかあらわれませんでした・・笑
でも、パンに変えてもらった場合って、おかずもちゃんとパンに合う感じになるのかしら?
味噌汁にパンとか出たらげーってなりそうとか思ってました。
バランスを考えられた食事のおかげか、入院中の肌の調子がすこぶるよかった!
なんかすべすべしてたんです。
特にスキンケア用品を大量に持ち込んだわけではないのに!
食事って大切だなあと痛感しました。
あと、助産師さんにお菓子を食べていいか念のため確認したら、
「体重の増加ペースが今ちょうどいい感じだから、入院中は我慢しましょう!」と
笑顔で言われてしまいました。
き、聞かなきゃよかった!とすごく後悔し、
こっそり夫にお菓子を持ち込んでもらってちまちま食べるのを楽しみにしてました。
(結局食べてる笑 ごめんなさい。。)
入院していないころはむさぼるように食べていたお菓子の量もかなり減って、
チョコ一粒のありがたみをすごく感じながら、
かみしめるように食べていました・・・