立ち会い出産

もう妊婦ではありませんが・・・
妊娠生活の振り返りは「妊婦ライフ」カテゴリで投稿していこうかと思います。
先月末に出産してから二週間と少したちました。
赤ちゃんとの生活は、寝不足ではありますが
日々見せてくれる表情や成長(まつげが伸びた!とかですが笑)
に本当に癒されています。
娘はおなかがすいたときくらいしかなかず、それ以外はすやすや眠っています。
娘のリズムに合わせた生活でネットを見る余裕もありませんでしたが、
少しずつ私もそのサイクルに慣れてきたようです。
育児ライフもまたぼちぼちつづっていければと思いますが、
今回は立ち会い出産の振り返りを・・・。
私は夫に立ち会ってもらいました。
血を見るのが苦手な夫としては、立ち会うか立ち会わないか、どっちでもいいよ~的な感じでしたが、
結果、立ち会ってよかったといっていました。
私としても、痛さに少しやつあたりしつつでしたが、
立ち会ってもらってよかったと思っています。
なかなか赤ちゃんが下りてこず、いろんな姿勢を試したのですが、
いすに座るような形で、夫に抱きつきながらいきむ姿勢は
痛いながらもすごく安心感がありました。
・・・それでも赤ちゃん下りてきませんでしたが^^;
夫は、頑張っているのは私で、何も役に立てなかったと
少ししょんぼりもしていましたが・・・
何時間も立ちっぱなしでそばにいるっていうのも結構しんどいと思います。
私としては夫と一緒に頑張った!という気持ちでいっぱいです。
私は鉗子分娩となったのですが、赤ちゃんが取り出された後、
隣のベッドで処置を受けている間、
私はおまたの切開を縫ってもらっていました。
これが結構いたかったのですが、
夫は私の手は握ってはいたけれど視線は赤ちゃんにくぎ付け笑
かわいい、かわいいと何度も言っていました。
父親になることへの不安等もあったそうですが、
娘の姿、元気な泣き声を聞いて、見える世界の色が変わるくらいに感動したそうです。
今は娘にべったり。
そんな二人の姿を見て私もすごく幸せです。
私の妊娠生活を、生活面でも精神面でもサポートしてくれたのは夫です。
そんな夫と最後まで走り抜けることができたのはとてもうれしく思います!