母乳育児に悪戦苦闘した話 その5 参考にした本・サイトと左右差がなくなりました報告

お昼寝の前に続けて投稿!
続けて書いてる母乳育児に関するお話。
退院後うまく母乳をあげられなくて
めそめそしながら夫に八つ当たりをしていたと
お話しましたが・・・
その姿を見て夫がアマゾンで購入してくれたのがこちらの本です。
母乳育児について、
根性論ではなく、根拠をもって
いろいろアドバイスしてくれているので
すごく参考になりました。
どういう仕組みで母乳が出るのかというところから書いてあります。
正直最初は気になるところからでいいのでは?
と思ったのですが、
母乳育児をするうえで必要な情報だなあと感じています。
周囲の母乳の出が悪いのでは?
胸張ってないし出てないんじゃない?
的な言葉(どちらも母からです笑)に
論理的に反論できて、惑わされなくなりました。
私が抱えていた悩み(乳首の痛み、姿勢、左右差、授乳タイミング等)
についてどんぴしゃで答えてくれるので
悩むたびに立ち返って読むようにしています。
ここからちょっと下ネタ。
オキシトシン反射なるものによって母乳の分泌は促進されるそうで、
例えば乳首が痛いとき等は手で搾乳することをすすめられています。
赤ちゃんを見たり写真を見たりすることでオキシトシン反射が起こるそうですが、
自分の赤ちゃんを想像しながらせっせと搾乳する姿を夫と想像して、
「なんだか中学生男子の〇〇〇ーと一緒だね」と話していました。
(字、伏せすぎでしょうか?笑 でもわかるはず!)
まあとにかく参考になるからおすすめです!
Webページもあります。
こちらも検索しやすくておすすめ!
そして、悩んでいた左右差について、
昨日から明らかに解消しました!
一週間強、長かった・・・
これも上の本やサイトに載っていたのですが、
小さい方を重点的に飲ませるというやり方をひたすら続けました。
プラスして、
娘がくわえるのをやめた後、手で絞って、さらに手動搾乳機で絞りだしていました。
手で絞ると数滴にじむ程度、
手動搾乳機で絞ると数滴したたる程度でした。
母乳は前半と後半で成分が変わって、後半の成分のほうが腹持ちが良いそう。
後半の成分が出始めるのは15分ほど吸てつしたあと、と本に書いてありました。
前半の成分ばかり飲ませていると、脂肪分が適切に摂取できなくてあまりよくないそうです。
小さいほうの胸は、
10分程度娘が吸った後で出がらしのような状態だったので、
腹持ちの良いという後半の成分を娘が飲めていたのかは謎です。
話は戻って、オリジナルの手動搾乳機で絞る作戦が効いたのか、
本に書いてある方乳重点的作戦が効いたのか、
とにかく左右差がほぼなくなりました!
小さい胸が少しサイズアップした気がするし、
張りまくっていた胸の張りが取れました。
もしダメだったら、さらにオリジナルで
小さいほうの胸にラップして寝ようかしらと考えていましたが、
これはしなくて済みそいです。
↑前、乳首が痛すぎて馬油を塗って保湿用にラップをして寝たら、
母乳が出たくても出ていけなかったのか
朝起きた時にかちんこちんに張ったことがあったんです。
オリジナル手法はほんとうにこれでよいのかわからないのであまりお勧めできませんが・・
母乳育児で悩んでいる方にはぜひ読んでほしいです~