お祝いをいただくときの心得

結婚や出産時は、家族親戚や職場の人、友人等方々からお祝いをいただきますよね。
こういう時の心得は、
「何がいい?」と聞かれたら素直に欲しいものを伝えること!
これに限ると思います。
案外、何が欲しい?と聞かれても答えに窮するものです。
相手の予算もわからないし、相手が想定しているより高額な品を要求したら失礼だなあと思ったり。
まあ、相手との距離感でどれくらいの相場かは見当がつきますけどね!
アマゾンなんかにウィッシュリストってあるけれど、今の時代それを共有するのも一つかなあと思います。
私は兄嫁がすごくよくしてくれていて、
いろいろアドバイスをいただけたんだけど、入院中にほしいものを聞かれて全くぴんと来ずに、
話の流れから大量のタオルと下着をプレゼントしていただきました。
タオルは名前入りのかわいいものだし、ガーゼケットもブランドのとてもかわいいものを数枚いただけて、どれも大活躍しているけれど、
下着は少しだけ最低限必要な枚数より多いかな?それだったら自分で事前に買う必要はなかったかな?というかほかに差し迫って必要なものはなかったのか?という感じになっています。
今だったら、ここで記事にしたグッズのあれこれをお願いするなあ。
これらの品の必要性を、入院中に気づいていたら間違いなく頼んでいたなあと思いました。
この先どういうことが想定されて、何が必要となるのかは考える価値ありだなあと思います。
結婚祝いでも同じことがいえると思います。
何もリクエストしなかったら、間違いなくペアグラスが増えます笑
贈る側も、それっぽいし、お値段もちょうどよいし、贈りやすいですものね^^;
もう数年前になりますが、結婚した時に、職場のチームの方が予算を教えてくれて何がいいかを聞いてくれました。
それでも新生活にピンと来ていない私に、先輩が提案してくれたティファールの鍋セット、めちゃくちゃ重宝してます。
必要最低限で、不足もない形と数の鍋のセット!
私もプレゼントを贈るときはこうしたいなあと思えました!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村