娘との初フライト。いろいろ反省。

こんにちは。
やっと実家での生活も落ち着いてきました。
実家は古い一軒家で、いろんな虫が出る出る…
これについてもまた記事にしたいです。
さて、今日は東京から九州まで利用した飛行機について書こうと思います。
私はJALのクレジットカードを持っているので(でも近々解約考えてるんですが)飛行機はもっぱらJALです!
JALの好きなところは、CAさんの制服がかわいいことと、着陸したあとCAさんがいつもその時期をからめたメッセージを機内アナウンスで放送してくれるところ。
いつも風流やなあと思いながら聞いてます笑
そんなJALで飛行機に乗ったわけですが・・・
いろいろとリサーチ不足でてんやわんやしちゃいましたが、CAさんのサポートもあり、無事に娘の初フライトを終えることができました。
いろいろ振り返りつつ、反省点やよかったこと、こうだったらいいのにな~的なことを書いていこうかと思います。
まず、予約時!
子ども連れに関係なく、早めに予約すればするほど飛行機は安くなります。
今回も母と私大人二名で2万円台でチケットを変えました。
予約時点で赤ちゃん連れかどうかも申告します。
予約時に座席を選べるんですが、赤ちゃんがいるときにおすすめなのは後ろ側でかつ通路側かと思います。
ちなみにJALの場合、座席選択画面上で、この席には赤ちゃんが乗るよ~っていうのをアイコンで教えてくれます。
赤ちゃんが泣いたりするのが気になる方は離れた席を予約してね、という配慮だと思われます。
私も後ろ側の通路側を選んだんですが、
乗る飛行機が、三列シートが二列ある少し小さいタイプだったんですよね・・・
できれば福岡便みたいな、二列×三列×二列のシートがよかった。
それで、二列シートを選んで、私が窓側に座れば気兼ねなく授乳できるんですが・・・
三人掛けだと、通路側に座っても、真ん中に座っても、ほかのお客さんとの距離が近いんです。
大っぴらに授乳するのは抵抗がある。。
予約したのが出産前で、早すぎて、どんな座席タイプなのかを覚えてなかったんです。
勝手に二人掛けの席で、席につくなり授乳しようと考えていて、
娘も搭乗前くらいからおなかをすかせてぐずりだしていました。
いざ席を見て、これはやばいとミルクを作る選択肢に切り替えました。
念のため軽くJALのHPで、ミルクを作るお手伝いをしてあげるよ~的なのを見ていたので、CAさんに頼んだら、快く引き受けてくれました!
が、かなり若手の方で、慣れていないのか、ミルクを冷ますのをどうするのか戸惑っていらして、紙コップにいろはすを入れて渡されました。
紙コップと哺乳瓶のサイズがほぼ同じくらいで、全然入らない笑
おなかをすかせてぎゃんぎゃん泣く娘
あとからやってくる窓側の席のサラリーマン
とにかくぱいをあげなさいと授乳ケープをかぶせる母
プチパニックになり、とりあえず母にトイレの手洗い場でミルクを冷ますようにお願いしました。
ミルクをあげると泣き止みましたが、結構終始ぐずぐずしていました。
狭い座席で、揺れるとストレスですよね。。
しかも、基本ぐずっても窓側で悠々と授乳するつもりで、哺乳瓶は予備で一本だけしか持っていなくて><
搭乗してから離陸まで、二時間くらいの間に小分けにミルクをあげたんだけど、不衛生ですよね。。
娘ちゃんごめんよ><と思いながらあげていました。
席が三列シートっていうのを事前に頭に入れていたら、搭乗直前に授乳したし、ミルクも自分で作って乗ったのに涙
哺乳瓶だって複数持って行ってたのに!
しかも搭乗前にぐずりそうな娘をあやすのに必死になって、おむつ替えもするのわすれてて飛行機の中でもれちゃいました涙
飛行機で娘を抱っこしながらいろいろと反省しました。
羽田空港にはチャイルドルームがたくさんあって、調乳用のお湯やおむつ替え台、個室の授乳ルームがあります。
しかもどこもとてもきれい!
勝手に二列だと思い込んで、あえてチャイルドルームをあまり使わずに乗りこんで後悔しました。
でも救いだったのは、同じ並びのサラリーマンの方がとてもやさしい方だったこと、
CAさんがあたたかかったこと。
とりあえず今回の学び!
一番は、搭乗前に、飛行機の座席のタイプを確認して、事前に何をすべきかを考えるべき!!
・みんな知ってると思うけど優先搭乗は結構助かる
・お湯は入れてくれるけど、飛行機の中だと冷ますのに一苦労
・おむつ替えシートはある。でも狭いし揺れるのでなるべく乗る直前にかえておくべき
・おむつを入れるビニールをいただいた。かえたおむつはゴミ箱に捨ててOKだそう
・荷物とか持つ余裕がなかったら遠慮なくCAさんにお願いする(それも仕事の一つ!)
ちなみに調べたところ、おむつMサイズは数枚準備してくれているそうです。
航空会社の赤ちゃん向けサービス、ホームページに書いてはあるけど、調べないとわからないっていうのはすこし不便に感じました。
ミルク作るお手伝いとしてここまでできますよ、おむつ替えシートありますよ、とかの情報は、例えば予約時に赤ちゃんがいることを申告したらそういうことを案内するページに誘導するとかあってもいいなあとおもいました。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村