4m28d 娘が慢性的な下痢だったことに気づく/予防接種でぎゃんなき

こんにちは。
前回のブログで、娘に血便が出ることを書きましたが、最近娘の腸内環境が劇的に改善しました!
処方してもらったビオフェルミンを飲み続けていると便の状態がみるみる変わっていったのです。
それと同時に、約一か月娘が慢性的な下痢だったということにやっと気づきました。

もう、色と言い香りと言い、形といい、全然違う!
ここ一か月、緑色の、つんとしたにおいの水のような便をしていたのに、「赤ちゃんは水っぽい」という思い込みから下痢だとは思っていませんでした。
ビオフェルミンの量を一日に三回から二回、一回と徐々に減らし、今は飲ませるのをやめてみましたが、娘の便は調子のいいままです。
便に血が混ざっていたのも、きっと下痢で腸が傷ついてたんだなあと思いました。
娘にはかわいそうなことをした。。。
これからも娘の便の状態はしっかり観察していきたいです。
そして、血便が落ち着いたこともあり、延期しまくっていた予防接種を再開しました。
血便のたびに病院に行っていたからか、前の予防接種を覚えていたのか、最近娘は病院のベッドに寝かされるとギャン泣きします。私が抱っこしても、いつも見てくれる小児科医に対峙するとギャン泣き笑
病院は怖いところっていうのがインプットされ始めたみたいです。
成長したなあ。
そして注射も、今回は今まで以上に身をよじって痛がっていてかわいそうでした。
泣き方もなんだか人間らしくなってきました。
でも予防接種は病気予防のためにきっと大切!
また一か月後頑張らないとなあ。