宝塚受験までの記録 その4 結果

お久しぶりの更新になってしまいました;;
宝塚受験までの記録、結局どうなったの?ということでその4にまとめます!

これまで家族に内緒でいろいろとすすめてきて、あとは行くだけ!という状態だったわけなんですが・・・
結果、受験しなかったんです。
引っ張ったわりにすみません(笑)
当初の計画では、大学に受かって、家探しで関西にいるときにしれっと受けることをかんがえていたのですが、
大学に落ちてしまい、それどころではなくなってしまいました・・・
大切な時期に宝塚受験に向けて(方向性は間違っている感じがありますが自分なりに)奔走していたことも原因の一つかなと思います。。
そこでもあきらめずに、親にこれまでためた自分のお金で卒業旅行に行きたい、といって関西行きを願い出てみたのですが、許してもらえませんでした。
予約していた宿はキャンセルの連絡をして、何割かキャンセル料金を書留で送った記憶があります。。
自分の中では宝塚を受けることが宝塚に入りたい!っていう夢の一つの区切りになるかなあという思いがあったのですが、区切ることもできずしばらくは未練たっぷりという感じでした。
浪人中は親元を離れて福岡の予備校の寮に入っていたんですが、
受験勉強に疲れた時に福岡のキャトルにふらっと行ったときに、何の演目か分からないけれど「アイラビュー」って連呼している歌がかかっていて・・・
うまく言えませんが、自分の置かれている状況からするとアイラビュー連呼する宝塚の世界があまりにもかけ離れていて・・・
そこでなんとなく宝塚熱が平熱に戻った気がします(笑)
宝塚が好きで入りたいと思っている方、受験可能な年代な方は、気持ちに区切りをつけるためにも一度受験することをお勧めします!
そして親御さんにはきちんと相談できるような関係性が何より理想なんじゃないかなあと思います!←当たり前ですが・・・でも中高生って多感な時期ですよね~
といいつつ、アラサーになって考えると宝塚を目指す、宝塚に入るという選択肢って結構ばくちだなあと思ったりもしています。
宝塚を本気で目指すとなると勉強時間もその分削られます。
いろんなものを犠牲にして身をささげても合格するかどうかは分からない。
さらに、宝塚の世界で輝けるのはほんの一握りです。
最近OGの方の動向をSNSで知れる機会が増えましたが、宝塚をやめた後に一人で飯をくっていけているのか心配になる方もいらっしゃったりして><
まあ私が心配しなくても皆さん輝いてらっしゃるし目の保養になるのですが!
なにかをやりぬいたっていう経験は後ほど絶対その人を強くするはずなので、その経験のためにも夢を追う、っていうのも一つの選択肢なのかもしれませんね!
でも娘がもし今後宝塚が大好きになって宝塚を目指したいって言ったらどうしよう~って今から結構悩んでます(笑)
・・・娘はまだ赤ちゃんなんですが(笑)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村