娘がご飯を食べるようになってきてくれた話

離乳食がスタートしてからずーっと気がかりだった、娘の食欲の無さ問題。先日、体験保育に参加したお話を記事にしましたが、それ以降娘の食事事情が結構変わったので記事にしようかと思います。

体験保育に参加するまでの娘のご飯事情

朝ごはん

  • バナナ1/3~1/2
  • パン一口

昼ご飯

  • ふりかけご飯おちゃわん半分
  • 大人のおかず一口

夜ご飯

  • 納豆ご飯お茶碗一杯
  • 大人のおかず数口

基本的にどろどろ期(っていう?ペースト状にしなきゃいけない時期です)以降は娘用にご飯を用意するというよりは大人と同じものをあげようっていうスタンスで来ていました。

ベビーフードも全然食べてくれないし、かといって雑炊等を作ったところで食べてもらったためしがなかったのです。なんか毎日娘用にご飯を作って、ぺっぺぺっぺされるのって食材もあれだし私の精神衛生上娘にご飯をあげるっていうことが苦痛になりそうだなあって思ったので無理しないことにしちゃいました。

それにしても、なんせ食べない。本当に食べない。

朝なんかなんか食べてほしくて、バナナいらない?あーそう、じゃあ、パンあげる!え?一口でギブ?じゃあ白米もどうぞ!って家じゅうの炭水化物をあげることもしばしばです。食べる気がないと、口に入れてもぺって出すんです。

上のご飯のほかに、お風呂上りにはミカンやリンゴ等のフルーツを、食事の合間に一回~二回、赤ちゃん用のお菓子かフルーツをおやつにあげていました。こういうのはめっちゃ食べる娘。食えるんじゃん!って何度突っ込んだことか・・・。

おやつなるべくあげずにいきたかったんですが、ご飯食べないし手持無沙汰過ぎて娘も欲しがってるしであげていました。

ちなみに日中も欲しがれば授乳させています。ぱいと納豆ご飯とフルーツばかり食べてきました。

体験保育での学びを実践!

で、体験保育でメニューの豪華さや使っている食材の豊富さ、そして同じくらいの月齢の子の食いっぷりに驚いたわけです。そこで出されたメニューとか、先生のあげ方をみて参考になったことをお家でも実践することにしたのです。

体験保育で参考になったこと

  • 食べること自体に興味を持ってもらうよう、娘がいろいろやってもぐちゃぐちゃにしても見守ること
  • あんまり受け付けない食材はちぃーさくしたら食べる可能性があること
  • 少しでも、食べたら褒める!っていうことをやると娘が嬉しそうにしていること
  • スープはわりと好きそうだということ

体験保育から改善した娘の食事

  • 娘に自分で手づかみやスプーン、お箸でなるべく食べてもらうようにする
  • いろんな食材をあげてみる。ちいちゃくしてあげてみる
  • 一口食べるごとに大げさにほめてあげる
  • 一日最低でも一食は汁物を出す

私これまでスプーンを私が持って娘の口に運ぶスタイルでご飯をあげていました。だからおやつの手づかみ食べもかなり遅かったです。テーブル周りや床が汚れるのが気になってあまり食器や食事に娘を触らせないようにしていました。

でも食べ物や食べることへの興味を持ってもらうために娘にスプーンを持たせて見守るスタンスに変えました。そうしたら、明らかに食欲が増しました。それでも多分同じ月齢の子よりは全然食べないんだけど、これまでの娘比でかなり食べるようになりました。

スプーンで食材をすくうのは難しそうで、スプーンにご飯なりを乗せて娘に渡すと上手にお口まで運んでくれます。もっと好きなのはお箸。これも危ないなあと思っていたけど、見守りつつ娘に持ってもらうようにするとお箸でお皿の中の食べ物をまぜまぜ。時々おはしにくっついたものを自分でお口に運ぶようになりました。

私がスプーンやお箸をもって口に運んでも口を開けてくれないけど、自分で口に運んでなら喜んで食べることも。赤ちゃんの食事の際に気分って大事なんだなあと実感しました。

気分でいうと褒めることもおんなじ!大人的に「これは赤ちゃんとか絶対嫌いでしょ」っていうようなお野菜とかを食べたりすると「うわー!!すごいね!えらいね!たくさん食べたね」と一口ごとにとにかく褒めるようにしたら、ご機嫌なまま結構食べ進めてくれることが分かりました。

あと、あげるものの工夫。食材をちいさくすること、汁物をあげることを意識しました。毎朝祖母が祖父や父にお味噌汁を作っているので、それをあげることにしました。でもお味噌汁は正直あんまり好きではなさそうです。。毎朝中の具を何口かあげて、汁を飲んでもらっています。

あと、お味噌汁のほかに、お昼に週に1,2回娘用に野菜スープを作るようになりました。大人向けに作った料理はやっぱり食材が大きめに切られています。完成したものを切ることもできますが意外と大変。。そういう意味では、はじめから娘向けと割り切って野菜を細かく切ったスープを作るのが意外と手間じゃないことに気が付きました。しかも娘はスープだと飲んでくれる!作り損になりにくいのです。これ重要。飲んでくれないと多分すぐ心が折れて作らなくなる。

野菜スープにすると、小松菜とかの葉物もめっちゃ食べるし、ニンジンとか玉ねぎとかも食べてくれます。正直ほんとに納豆ばっかりで大丈夫かなと思っていたけど、野菜をスープという形で食べてくれるようになってかなりほっとしました。

インスタとかでおしゃれな離乳食を見るたびにひえー!!!ってなるけど、たぶん娘はあれだけのメニューを出しても食べないだろう・・・と自分を慰めつつ、これからもいろいろ工夫しながら食べられるものの種類や食べる量を増やしていけたらいいなと思っています。

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

にほんブログ村