今更ながら紅・綺咲コンビの星組スカーレットピンパーネルの感想

私には推定70代になるヅカ友達が地元におります。その方はスカイステージに入っていて、先日録画したブルーレイをたくさん持ってきてくれました。

スカステ、素晴らしいですね、2017年上演作品ももう放映してくれるなんて!しかも千秋楽の映像だったりするんですよね。貴重だ~私は宝塚は、流し見ではなく、静かな環境でじっくり見たいので、育児中の今はほとんどみられていないのですが、ようやく見た作品の感想を書いていこうかと思います。

実際の上演時期とタイムラグがありますが悪しからず・・・まずはじめに、紅・綺咲コンビの(たしか)お披露目・スカーレットピンパーネルの感想です!

全体の、おおざっぱな感想

今回初めてスカピンを観ました。曲がどれも壮大で、歌詞も素敵で、ストーリー展開も面白かったなあという印象です。曲がディズニーのアトラクションっぽかった!今回の曲の歌詞は、ちゃぴちゃんの退団挨拶でも使われていましたね。

ピンパーネル団がたくさんいるので男役さんの出番も多いし、娘役さんも一場面あるし、ドレスや衣装が豪華で、そういうところもよかった!

紅さんのパーシー三枚目すぎる

パーシーってこれまでの安蘭さんも霧矢さんもこういう三枚目な感じの役だったんでしょうか??三枚目すぎて少しびっくりしました。

土台が二枚目で決めきめの方が振り切って三枚目をやるのではなく、普段からひょうきんなイメージの紅さんが三枚目をすると正直コメディアンかな?と思ってしまいました。主役だから、おちゃらけるところとは別にきゅんとときめくようなシーンがあればよかったなあと思ったけど、そのようなシーンもなかったなあ。。

ファンの方が読んでいたら申し訳ないけれど、私はこれまでもちょいちょい触れてきたことがありますが紅さんが少し苦手です。時々コロッケかな?って言いたくなるような顔芸をするところや、なにがなんでも笑わせようとするところが苦手なのかな。。シリアスな場面の表情も個人的にはコロッケかな?と感じてしまって苦手です。一幕の終わりの表情にびっくりした。。

もちろんすごく努力してこられたと思うけれど、私自身は好みではない、という感じでしょうか・・・。

でもそんな紅パーシーの好きなシーン

そんな紅パーシーですが、二つ好きなシーンがあります。

一つは、ルイ・シャルルちゃんに歌うのを促すシーン。紅さんってすごく面白くて周りを明るくする方だと思うのですが、そんな紅さんのあたたかさを感じるような、目線や手の差し伸べ方だったなあと思って、なんだか気に入りました。

ていうか星蘭ひとみちゃんかわいかった。声のかぼそさというか、上ずっている感じ、緊張もあるのかな?でも千秋楽だぞ?とにかくそのかぼそい感じが役にあっていました。

もう一つは、マルグリットがみんなの前でひとかけらの勇気を歌うところを見つめるところ。自分の正体を知っていたのかという驚きやそんな自分を認めてくれた嬉しさのような感情を、おじいさんの変装をしていてよく表情が見えないながら、横顔で演じられている感じがして、ここも好きです。

礼さんだけ別次元でうますぎる

そして、ショーブランの礼真琴さんが別次元でうますぎてビビりました。あんなに歌えるんですね・・・歌の場面は多くて聞きほれてしまいました。

トップコンビよりも礼さんの存在感が際立っていたような・・・。悪役もはまっていてすごいなあと思った。低音でもしっかり歌詞が聞き取れるし、感情に乗せて自然とうたう感じがものすごいなあと思いました。

ショーブランはレミゼラブルのあの追い回す警官(誰だっけ?じゅべーるだっけ?)を彷彿とさせました。

歌が多いミュージカル作品はやっぱり歌がうまい人がキャスティングされたうえで上演されてほしいなと思った。そういう意味でこの方が演じるパーシーも見てみたいし、トートもエリックも見てみたいと思ってしまいました。望海さんと一緒に作品作ったらとんでもないものができあがりそうだ・・・

綺咲さんはやっぱりかわいい役が良く似合う

綺咲さんはとにかくかわいいイメージがあって、マルグリットってかなり大人っぽいイメージだよなあと思っていたけれど、セリフまわしなんかはとても大人っぽくて素敵だなと思いました。眉毛の書き方がすごかったけどあれも役作りなのでしょう。。

歌が多くて、外したり裏返ったりとかはないけど大変そうだなあと、見ている側が感じてしまうくらいには少し頑張っている感を感じてしまいました。

あーちゃんはかわいい役がやっぱり似合うな。

七海さんの出番が思ったより少なかった

そしてかなりファンの多いイメージのある七海さん!ロベスピエール役ですが、意外と出番が少なかったですね。私は今回礼さんの存在感や歌声に圧倒されてしまったこともあり、二幕の頭に七海さんが中心のシーンもありましたが、やや存在感がなかったように感じてしまいました。しかもスチール写真ではときめいた七海さんですが、動く七海さんの頬骨がやや気になりました。個人的にはビジュアルも瀬央さんのほうが好きかも。

・・・七海さんファンの方ごめんなさい。かくいう私はまんまるでアンパンマンみたいです。すみません。

 

・・・主に登場人物の感想になったけれど、素敵な作品だと思いました。初演や再演と見比べてみたいなあ。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村