貴ノ岩関の暴行についてつい勘ぐってしまうこと

昨日、貴ノ岩関が付け人に暴行したと日本相撲協会が発表した、というニュースを目にしました。忘れ物をしたことについて言い訳をしたことに腹を立てて、平手や拳で数回殴ったとのことです。このニュースについてあくまで個人的な意見ですが思うことを記事にしようかと思います。

こういう暴力って本当に相撲界から根絶してるのかな・・・?

他のお相撲さんは本当に平手で殴る等の暴力を一切していないのかな?というのがすごく気になっています。そもそもどこから暴力にするのかは曖昧なところですが、例えば数年前の稽古映像とかを見ていると朝青龍関が白鵬関に稽古中にカツを入れる意味でびんたをしている映像を何度か見たことがあります。

白鵬関がまだ若手のころの映像です。例えばこういうのを暴力とはとらえていないから、テレビで放送しているんだと思います。最近はまた暴力の基準が厳しくなったのかな?

親方や入門して何年も経っているお相撲さん、床山さんや行司さんなんかは、今よりも暴力の基準が甘い中で相撲界での生活をスタートさせてきているんですよね。理不尽だなあって感じても、教育やしつけという名前で暴力が許されていた時代もあったわけです。そんな方々がたくさんいる中で、「暴力はどんな理由であれ、どんな形であれ絶対にダメ!」って心から思って実践し、指導し、部屋の中の人全員がその気持ちを持てているのかな?というのは疑問が残ります。平手等はまだあるんじゃないかなあと勝手に想像してしまう。。

相撲協会って元貴乃花部屋に厳しくない?

日馬富士関が貴ノ岩関に暴行して以降、相撲協会の元貴乃花部屋に対するあたりが厳しくなったように個人的には感じています。

貴公俊さんの暴行も、今回の貴ノ岩関の暴行もいちはやく公表したのがその理由です。他よりもかなり厳しい目で見られているのではないかと勘ぐってしまいます。特に元貴乃花親方は相撲協会の運営の在り方にいろいろと異を唱えてきたので、よく思わない親方も多そうでしたよね。暴力は絶対にダメっていう貴乃花部屋で暴力沙汰が起きるとつるし上げるようにすぐに公表しているように見えてしまいます。

それとも元貴乃花部屋は親方が厳しすぎたとか、マスコミの注目が集まりすぎてストレスがたまりやすかったとか、他の理由があるのでしょうか・・・たまたますぐ手が出てしまう、気の荒い方が元貴乃花部屋には多かった?そんなことってあるのかなあって疑問。。

暴力は絶対ダメだと思うけど、その全体像が見えないというか、疑問が残る中で、元貴乃花部屋の力士ばかり偏った(と感じる)情報だけを与えられるのは少し不公平だなと感じてしまいます。

貴ノ岩どうなるのかなあ。好きでも嫌いでもない力士でしたが気になります。

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村