子どもが生まれてからの年賀状について思うことあれこれ

こんにちは!年賀状、作りました?私はそろそろ重たい腰が持ち上がり始めてるところです。昨日いろいろ考えていろいろ思うところが出てきたので記事にしようかと思います。

子どもの写真入り年賀状を作ることについて

子どもの写真入り年賀状、どう思いますか?私個人的には好きなのですが、正直流産を経験し、そのあとの妊娠も切迫流産と言われ不安がいっぱいな中での出産報告の年賀はがきは複雑な気持ちになったのを覚えています。

お祝いしたい、おめでたいっていう気持ちはもちろんあるけれど、複雑な気持ちがもやもやと残りました。最近はあまり友人間でも公にしていないかもしれませんが、不妊治療をしている方もいるし、流産を経験した方がいるかもしれない。それに30を迎えると独身ではやく結婚したいと思っている方もいるかもしれない。

私自身がもやもやした気持ちを持ったこともあり、なんかいろいろな人に忖度したくなる気持ちがわいてきてしまいます。もしかしたらこんな思いを抱くのは私だけかもしれない。年賀状だけの付き合いなんだし、子どもの写真をのせるのは一種の近況報告なんじゃないか、いやいや、でも相手が知りたいのは子どもの近況じゃなくて私の近況だろう・・・。ともやもや。

結局昨年はいろいろ考えた挙句、出産したこともほとんど告げていなかったので出産報告という形で年賀状に娘の写真を一枚載せました。今年は基本載せない方向で行こうかなあと思っています。皆さんはどうしますか?ていうか私考えすぎ?

ネット印刷するんなら早めが吉!

で、上に書いてるみたいに今年は写真無しの年賀状を作ろうと思い立ったわけです。昨年、「挨拶状.com」っていうところに頼んですごく楽だったしコスパもよかったので今年も頼もうと思ったら、なんか高く感じたんですよね。

そういえば11月くらいに一回早割のDM届いてたなあ。もっと早く動いてたらこのクオリティをもっと安くできたのかあと思うとなんか惜しくなっちゃいました。住所録も登録してて、あて名印刷は無料だし、何よりデザインがめちゃくちゃ豊富でおしゃれなんです。あと、全然関係ないけど挨拶状.comさん、検索バーに「挨拶状.com」って入れると.comがアドレス認識されて少し不便w

30枚くらいで、ハガキ代込みで予算5,000円くらいで考えてたんだけど、明らかに予算オーバー。ネット印刷は今や家のプリンタを使うよりもインク代とか仕上がりとかを考えたらコスパはいいそうです。どこのネットプリントもはやく注文すればするほど安い。

なんかこの早く注文する波に乗り遅れたのが悔しくて><一枚あたり印刷料金だけで写真無しでも30円くらいかかるの結構高いなあって感じちゃいます。少しでも安く抑えたければ早く動くのが大吉だなあって再認識しました。

年賀はがきを少しでも安く仕入れるために

私はここでもメルカリを活用しています。金券ショップ等が近くにあればいいですけど、それもないですからな・・・。昨年までは郵便局にお勤めの方にノルマが課せられていたらしく、破格のお値段で購入できたようですが、今年はそれもほとんどありません。

でも時々、買いすぎちゃいましたっていう方がかなり良心的な値段で出品してくださっているので、そちらを必死で検索して購入しています。定価割れしているものはとにかく秒でなくなります。なので常に切手・ハガキカテゴリをウォッチしています。おかげで金券ショップと同じくらいで仕入れることができました。

定価より2円くらい安いんですが、そのために一日費やしたかと思うと結構もったいなくもありますがw

娘の写真を入れると喜んでくれそうな方には写真を入れたい!

実は私今回消しゴムハンコで年賀状作ろうとしてるんです。消しゴムハンコ今まで一回もやったことありません。そうです、プレバトの影響です。私手先が器用ではないのでおそらくそれはそれはなかなかアーティスティックな年賀状になるのではないかと思っています。

これだけでぷって笑ってくれる間柄ならいいですが、例えば義実家等はおそらく私の消しゴムハンコより娘のかわいい顔を期待しているでしょう。それに備えて、今回はシールを作成するつもりです!

みんなのシールなるものを活用予定

ネットで見てたらみんなのシールっていうのが評判いいみたい。で、アプリを入れてみたら今ちょうどトラブルが出ているみたいで、写真がうまくアップロードできませんでした。問い合わせチャットがあったので聞いてみたらめっちゃ手動返信。対応が丁寧なことへのオドロキと感動と、皆さん年の瀬に休めてるかしらっていう心配が入り交じりました。設定を変更したら無事にアップできたので注文予定です。

百均で消しゴムハンコに必要そうなものは全てそろえることができたので少しずつ掘り始めようかと思います

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

にほんブログ村