国際線の飛行機に乗り遅れそうになった話

旅行の話続き!これは今回の上海旅行じゃなくて、夏に上海に行った際のお話です。

先日記事の中で少し触れましたが、夏に上海に行ったときに、手違いというか勘違いがあって、飛行機に本気で乗り遅れそうになりました。私たちのせいで出発が遅れるということはなかったのですが本当に一番最後に飛行機に乗り込んで申し訳なくなりました。

チケットが一枚しかない

夫としみじみお別れした後、スタッフに航空券を見せて出国審査や保安検査のゾーンに進もうとしたところ、「あんたたち、二人なのになんでチケット一枚しかないの?これじゃ無理無理」的なことを言われました。中国語分からないから雰囲気。

でも搭乗手続きの時チケット一枚しか渡されなかったし、そういうもんだと思っていた私は焦りました。でも次のゾーンに通してくれないスタッフ。夫も見ていたのですが子どももチケットいるはずだとしか言われず、出直してこいと言われてしまいました。

そこのスタッフはあくまで一人一枚チケットがあるかをチェックする係。とにかく出直してこいっていうスタンスでした。

チケット再発行

搭乗手続きは、一歳の子連れだったこともあり優先レーンで出発の二時間前、搭乗手続き開始直後に終わらせていました。搭乗手続きの際に一緒に手荷物を預けるのですが、その際に中国語で「再検査ゾーンに行け」と言われていたと夫が思い出しました。

私もそれは聞いていたのですが、そばに日本語ができる案内係の方がいて、手荷物を預けてチケットを持っている私たちをみて「保安検査はあちらですよ」と日本語で案内してもらいました。

なんか、海外で夫以外の口からきく久しぶりの日本語に私も夫もめちゃくちゃ安心してしまい、再検査は聞き間違えだよね?うん、よく聞き取れなかった~的に再検査のことをなあなあにして保安検査ゾーンに向かってしまったのです。

で、保安検査ゾーンに入れないことが分かっていろんなカウンターを回って、やっとわかったのが、私が預け入れた手荷物のうち一つが簡易スキャンで再検査になった。手荷物の再検査はここではできないからカウンターのはじに行け、ということだった模様なのです。

再検査ゾーンで手荷物の中を見せて無事OKになったのですが、チケット発券の対応したスタッフはすでにいなくて、別の方が良く分からないまま対応していたのでまた時間がかかり、結局二人分のチケットを再発行してもらうことになりました。あとから初めに対応したスタッフもやってきて、めちゃくちゃ焦った雰囲気で対応していただきました。

日本語に安心して指示を聞き流した私たちにまず非があるけど、チケット一枚だけ発券したスタッフも、そのあとどうするつもりだったの?って思っちゃいました。チケット発券は手荷物の再検査場でできないわけだから、後でまとめて発券してくれればいいのに・・・

無事チケット再発行してもらったときには、すでに搭乗時刻になっていて、発券の対応したスタッフにいそげ!いそげ!と言われ、娘を抱っこしたまま夫との別れを惜しむ余裕もないまま出国審査・保安検査ゾーンに突入しました。

はじめてニイハオと謝謝以外の中国語を使う

搭乗時刻過ぎてもまだ出国審査も保安検査も終わってない・・・!!!やっべー!帰れない!!!とめちゃくちゃ焦った私。娘を抱っこ紐に抱いて猛ダッシュ。

チケットの搭乗時刻をスタッフに見せて「めいよーしーじぇん!めいよーしーじぇん!」と時間ないよーともうアピール。スタッフの方もあきれ気味に優先させてくださいました。申し訳ない。

保安検査もめちゃくちゃ混んでるなかめちゃくちゃ空いてるゾーンに案内してくれてものすごい時間短縮。抱っこ紐してたのですが、抱っこ紐外せと言われてパニック。

保安検査後はとりあえず抱っこ紐を腰に巻いたまま、娘を手で抱っこして搭乗口まで走りました。

エスカレーターをダッシュしてたら、「〇〇〇〇ー!!!」と私の行き先を大声で呼ぶスタッフ。この時なに言われたのかは正直分からなかったのですが、今回上海に行ったときに同様に搭乗締め切り直前に「オオサカーーー!!!」「ナゴヤーーーー!!!」とエスカレーターの降り口で行き先を絶叫するかかりの方がいることを知ったので、多分その時も私を呼んでたんだと思います。

はい!!!はい!!!と焦って無事飛行機までのバスに乗り込みました。普通は大型バスで一緒に移動なんだけど、それに乗り遅れた人数人でマイクロバスで移動しました。その数人の中でも私たちが一番最後でした。

もう私汗だく。でも間に合って本当によかった。し、出発時刻遅らせないまでも迷惑をかけて申し訳ないと思ってしまいました。

今回の教訓は、チケットは一人一枚、分からないことはしっかり聞き直す!当たり前だろうって思われそうですが夫婦そろってそれができてなかったので本当に反省しました。

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村