私の歯医者さん通いと虫歯予防のお話

更新が空いてしまった!最近私は歯医者さん通いが続いています。歯医者に行っている間は母に娘を見てもらっています。ご機嫌でばいばいって言われて少し寂しい。。

歯医者通いのきっかけ

ある日いきなり大好きなお茶漬けを食べていたら、上の前歯の裏がずきずきしました。ずきずきは数分間続いて、食事で熱いものを食べるたびに同じ症状が続きました。ずきずきと痛むところが、秋ごろに神経をいきなり抜かれた歯の近くで、またそこらへんでミュータンスたちが何かやらかしてるのかと不安になり歯医者さんに行くことにしました。

選んだ歯医者さんは、徒歩圏内で行ける中で一番進んでそうな、人気そうな歯医者にしました。以前神経抜かれたところとは違うところです。

歯医者さんでの治療開始

今度行った歯医者はカウンセリングがかなりしっかりしていました。レントゲンを撮って、ホットテストや電流を流すテストで歯の神経の状態を見たり、いろんな側面から確認をしてもらい、歯科衛生士さんとのお話も十分にさせてもらえて安心して治療してもらえました。

熱いもので歯が染みるってどういうこと?

熱いもので歯が染みるというのは、歯の神経が末期、瀕死の状態だそうです。調べてもらったら神経を抜いたところの両隣がずきずきポイントだとわかりました。

レントゲンで見たところは歯の神経はまだ生きていそうだけど、この状態が続けば神経が死んじゃうかもしれないし、もしかしたら一時的に炎症を起こしているだけかもしれないとのことでした。

まだ生きてる神経を抜くのはあれだから、しばらく熱いものは控えて様子を見ましょうということになりました。ちなみに痛みは一か月ほどでひいて、今はお茶漬け食べても平気です。神経抜かないでよかった・・・!

神経抜いた歯の両隣がやられたのは、神経をぬいた影響ではないかとあらぬ疑いを持ったのですが、そういうのは考えにくいとのことでした。偶然かよ!

衝撃の虫歯本数

で、レントゲンを撮ってもらって分かったんですが、私虫歯が六本あったんです。衝撃・・・!既に神経抜かれたところも虫歯になってるし、その近くで二本、左右の奥歯で三本。

そういえば前に歯科治療したのは妊娠中で、レントゲンを撮るのをためらって明らかに黒くなってるところだけを治療してもらったんでした。それから二年近くたって、ちゃんと調べたらいろんなところに虫歯がいました。

セラミック治療

奥歯は銀歯を入れているところが、銀歯の奥で虫歯になってしまっているとのことで、レントゲンでみた感じ結構大きくなっていました。保険適用の白い詰め物と、自費診療のセラミックの詰め物の選択肢があることを教えてもらいました。

セラミックはめちゃくちゃ高いけど、強度や今後の患部の虫歯リスクが違うらしい。小さいころから虫歯だらけで、歯科治療が大嫌いな私は、虫歯治療はこれで最後にしたいという思いから、虫歯が大きくなっている奥歯二本についてセラミック治療をすることにしました。

費用は一本当たり約9万円でした。虫歯が大きすぎたらもう一工程治療が増えてプラス一万円するところだったけどそこは落ち着いたみたい。医療費控除の対象にはなるとのことなので、いくらか帰ってきてくれるのを期待しています。

今は、一応すべての歯の処置が終わって、セラミックの歯のかみ合わせなどの様子見等をしている状態です。

唾液検査

カウンセリングと並行して、歯医者さんで唾液検査というものも受けました。歯磨きをしないで歯医者にいって、味のしないガムを噛んで出てくる唾液を採取して、その量や成分を確認したり、数日培養して虫歯菌の増え具合を見るというもの。

並行して口臭検査も受けました。あと、一週間口にしたものをメモして渡しました。検査結果と食事習慣を複合的に判断して今後口の中を健康的に保つためにできることをアドバイスしてもらう検査でした。これも自費で6500円くらい。

ミュータンスがうじゃうじゃ

結果、私の口腔内は虫歯を作るミュータンス菌が通常の10倍近くいることが分かりました。いわゆる虫歯菌です。これは三歳になるまでに家族に移された可能性が高いとのこと。

母に虫歯菌がたくさんいた話をしたら、「三人目だったし、お兄ちゃんたちはフッ素付けに行ったりしてたけど、あんたはなんもしてないからねえ。確かに今は見かけないくらい乳歯が真っ黒だったねえ。」と言われました。今と私が子供のころは虫歯に関する常識も違うだろうし、母を恨む気はないけど、娘には同じ思いをさせたくないなあ。

一歳半~三歳くらいまでが一番虫歯菌が移りやすい時期らしく、小さい子どもがいるんなら気を付けてね、ふ~っていき吹きかけただけで移るからね~と衛生士さんにいわれて、ひょえ~ってなりました。

目に見えないものだけに神経質になっちゃう・・・!でも一番たくさん娘に接する私が虫歯菌だらけなら、娘に移すリスクが高くなっちゃう・・・ということで、徹底的に私の口の中から虫歯菌を撲滅するべく頑張ろうと思いました。そのためにとっている対策をご紹介します。

私の口腔ケア対策

ポイックウォーターでうがい

ポイックウォーターは通っている歯医者さんで歯科治療前に使うようになっていて、その存在を知りました。口に含むと一気にプール臭。塩と水を電気分解して作られているらしく無臭ですが、塩素??っていう感じの臭いにおいが広がります。

まあとにかく殺菌や汚れ落としに効果があるらしく、自宅でも購入して使用することにしました。ちなみに500mlで3000円くらい。一日三回使えば一か月で亡くなります。高い・・・

私はメルカリで、同じ成分のエピオスケアというものを購入しました。成分次亜塩素酸というものらしく、殺菌水としてもっと安くで売られてるから今度からそっちを買おうかなあと思ってます。ちなみにこれ。

フッ素を塗り込み

歯医者ではオーラループというものを使わせてもらってるんですが、一か月分で3000円くらいは消費しそう。私の通っている歯医者ではフッ素は体内に蓄積されて悪影響があるのではという思いで、フッ素が入っておらず、でも再石灰化を促進したり虫歯予防につながるオーラループをすすめているようでした。

でもフッ素のほうが価格的には安く手に入るし、フッ素は適量であれば人体に影響はないという情報を信じて、コンクールのジェルタイプを購入しました。

実は私の奥歯、一本が強く磨きすぎたことで一層溶けてしまっているといわれているんです。虫歯ではないけど、線が入っていて、冷たいものとかが染みる状態。もう満身創痍笑

こういう歯の対策は、現状維持か、少しずつ再石灰化を促すのが大切とのことだったので、少しでも効果があるようにとフッ素と合わせてマウスピースを付けて浸透を早めようかと思い、マウスピースも買いました。でも買って満足してまだつけてないです。

バイオガイア

バイオガイアは、元宝塚の透水さらささんがずっと前にブログで風邪対策として紹介していたもの。北欧生まれの乳酸菌タブレットです。食べ続けると虫歯菌の減少にも効果があるし、乳酸菌が増えることで透水さんがいうように風邪対策にもなるとのこと。

口臭対策にもいいとのことです。でも、これも一粒100円くらいする。高い。この対策、娘が三歳になるまでは続けたいなあと思ってます。バイオガイアはすでにややさぼり気味ですが・・・。

実家の家族も虫歯だらけだから本当はみんなで対策したいんだけど、それぞれの単価が高いし、強制しても文句言われるだけだろうしなあ、と思うと家族にまで使ってもらう気にはなれずでいます。

娘のお口ケア

娘は結構時間決めてだけどおやつをあげちゃってます。代わりにフッ素スプレーを歯ブラシにつけて歯磨きは毎日やるようにしてます。このレノビーゴっていうの。ちなみに今キャンペーンやってて、外箱の蓋を何枚か集めて応募したら全員に一本プレゼントしてくれるそうです。真剣に買いだめしようかまよってるw

歯磨き回数、ほんとは三回したけど今は二回になっちゃってるなあ。お昼寝前と寝る前。 どっちも私の仕上げ磨きつきですが、全力で嫌がられるときとご機嫌でコロンとするときと半々くらいです。

私の口の中の虫歯菌が減ること、娘がずっと虫歯無しで成長してくれることを願ってます!

にほんブログ村 子育てブログへ


にほんブログ村